ホーム >木材の人工乾燥    

人工乾燥とは

当社では、天然乾燥と人工乾燥を併用していますが、
天然乾燥だけでは完全に乾燥しないため、 人工乾燥機に入れて乾燥させます。

 人工乾燥機では、温度や湿度を人工的に調整しながら乾燥を行います。
 温度を上げることで木材内部の水分が移動しやすくなり、
材の外部から内部まで均等に乾燥できる  ため、寸法安定性が高くなります。

木質バイオマス

 当社では、乾燥のために木質バイオマスを使用しています。
 以前は化石燃料を燃やして乾燥を行っていましたが、環境に配慮し、
 木片などを燃やして発生する熱を利用して乾燥させます。
 環境にもやさしいサイクルを作り、地球環境保全に努めています。


木質バイオマスの仕組みについて

【木質バイオマスの流れ】
 ①製材加工で発生する木屑を粉砕し、均一の大きさにします。
 ②燃料を制御し、ボイラーに自動供給します。
 ③粉砕した木材を燃やし、水を蒸気に変えます。
  この時に煙が発生しますが、有害物質を含む黒い煙ではなく、クリーンな白い煙であるため、
  環境に負荷を与えません。
 ④ここで発生した熱を利用し、化石燃料を使わずに乾燥機で木材を乾燥させます。

吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX 吉田製材Facebookページ吉野桧について 奈良県地域認証材 JAS認定事業者 JAS認定事業者 吉田製材のこだわり 木材について
木材の等級
加工・仕上げの種類
木材の含水率
木材の人工乾燥
フローリングの取扱い
施工後のお手入れ
メンテナンスについて
工場見学工場外観吉田製材カタログ吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店
吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX フローリングの取扱い 吉田製材Facebookページ吉野桧について
吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店