TOP >100年続く技への想い 職人魂 吉野桧とは メイン写真

創業から変わらぬ吉野材へのこだわり

創業から100年近く。
吉田製材では、国産材、特に吉野の桧と杉にこだわってまいりました。
吉野の山の木は、何百年も前から人の手で大切に育てられた質の高いもの。
同時に、人工林であるからこそ、その木の生産者も明確で、お客様に安心感を持っていただけます。

「上質で信頼できる木材をお客様の元に届けたい」

そんな願いを胸に、私たちは吉野の桧と杉を取り扱い続けています。
製材する木は、社長と専務自らが山に赴き、用途に合わせて選び出したもの。
一本一本、それぞれの木の個性を見極めて、その長所が最大限に活かされるように。
吉野林業が始まって以来、何百年、何十年と受け継がれてきた先人たちの気持ちに恥じぬよう、
心を込めて吉野の木を製材してまいります。

創業当初の写真

職人の心と枝を木に込めて

吉田製材で働く職人たちは、心を込めて木と向かい合っています。
「心を込める」とはどういうことなのでしょう。
もしあなたが大切な人のために料理をするとしたら、
喜んでもらいたいと、相手の顔を思い浮かべながら作るのではないでしょうか。
そうすると、心は自然とこもります。
誰が食べるかわからない料理を作るとなると、そうはいかないかもしれません。

私たちはお客様とお話をする中で、皆さんの住まいへの夢を伺います。
お客様それぞれが持っている、家への憧れや人生プラン。
それらを伺い、私たちは職人たちにもその想いを伝えます。
そうすることで、職人たちが木を製材するときには、お客様の顔や夢が思い浮かびます。
一本一本、想いを込めて、自らの家を建てるように真摯な気持ちで取り組むのです。

熟練の技だけでなく、心もしっかりとこもった木材を届けたい。

それが私たち、吉田製材の願いです。





吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX 吉田製材Facebookページ吉野桧について 奈良県地域認証材 JAS認定事業者 JAS認定事業者 吉田製材のこだわり 木材について
木材の等級
加工・仕上げの種類
木材の含水率
木材の人工乾燥
フローリングの取扱い
施工後のお手入れ
メンテナンスについて
工場見学工場外観吉田製材カタログ吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店
吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX フローリングの取扱い 吉田製材Facebookページ吉野桧について
吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店