TOP>施工後のお手入れ フローリングのお手入れ
無垢のフローリングを長くお楽しみいただくため、下記のお手入れをおすすめしております。
日常のお手入れから大掃除、年に一度のスペシャルメンテナンスまで、状況に応じてご利用ください。

フローリング お手入れの際の注意事項

無垢フローリングは気温、湿度、含水率等により床鳴りする場合があります。
無垢板の特徴ですので、ご理解いただいた上でご検討ください。
以下、無塗装品・塗装品共通のメンテナンスの注意事項です。

①水がついたらすぐに拭きとってください

濡れたままにすると、ひび割れや反りの原因になる場合があります。

②ポリッシャー(自動床洗浄機)やスチームクリーナーは使用しないでください。

反りやひび割れの原因になります。

③化学薬品入りのモップや化学雑巾は使用しないでください。

さまざまな薬品の入っているこれらの商品をご使用になると、黒ずみや色むらの原因になります。

④ホットカーペットのご使用はできるだけひかえてください。

カーペットとフローリングの間に熱がこもり、反りや割れの原因になります。
ご使用になる場合は、無垢フローリングの上に断熱性の高いマットを敷き、
高温で長時間使用しないようご注意ください。 風ヒーター等も長時間あたると、
ひび割れや目隙(すき間があくこと)の原因になりますのでご注意ください。

無塗装フローリングの場合

何も塗っていない無垢そのままのフローリングは、以下のようなメンテナンスをおすすめします。

【日常のお手入れ】

①掃除機でゴミやホコリを取ります。
②雑巾で乾拭きをして仕上げてください。

【大掃除でのお手入れ】

①掃除機でゴミやホコリを取ります。
②すき間に入ったホコリは、爪楊枝などで取り除いてください。
③硬く絞った雑巾で水拭きしてください。

《ご注意点》
こすり過ぎると、表面がささくれ立ってしまう場合があります。
強くこすり過ぎないよう、ご注意ください。
無塗装は汚れがつきやすいので、キレイな雑巾で拭いてください。
汗などが落ちるとシミの原因になりますので、夏場などは特にご注意いただき、
落ちた場合は拭き取ってください。

自然塗装品のフローリングの場合

【日常のお手入れ】

①掃除機でゴミやホコリを取ります。
②雑巾で乾拭きをして仕上げてください。

【大掃除でのお手入れ】

①掃除機でゴミやホコリを取ります。
②すき間に入ったホコリは、爪楊枝などで取り除いてください。
③硬く絞った雑巾で水拭きしてください。

【年に1度のスペシャルメンテナンス】

1年に1度、メンテナンスとしての再塗装をおすすめしております。
硬く絞った雑巾で水拭きし、乾いたら塗料を上塗りしてください。
必ず、塗装された塗料と同じメーカーのものをご使用ください。
弊社が使用している塗料はこちらです。

《ご注意点》
ホームセンター等で市販されているウレタン塗装用の商品は使用しないでください。


フローリング 補修の方法

【表面がへこんでしまった場合】

①へこんだ場所に水を垂らししばらく待ちます。
②布を当て、アイロンをかけます。様子を見ながら『押し付けて離す』動作を
2、3回繰り返してください。
※凹み具合によっては、この補修方法でも改善されない場合があります。

【床に油性のものをこぼした場合】

油、ソース、マヨネーズなどは、台所用中性洗剤をぬるま湯に溶かし、
よく絞った雑巾で拭いてください。
ケチャップ、クレヨン、水性ペン、油性ペンなどは、布にベンジンをつけて、よく拭いてください。

  問い合わせバナー
吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX 吉田製材Facebookページ吉野桧について 奈良県地域認証材 JAS認定事業者 JAS認定事業者 吉田製材のこだわり 木材について
木材の等級
加工・仕上げの種類
木材の含水率
木材の人工乾燥
フローリングの取扱い
施工後のお手入れ
メンテナンスについて
工場見学工場外観吉田製材カタログ吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店
吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX フローリングの取扱い 吉田製材Facebookページ吉野桧について
吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店