吉田製材 納材実績

5、落ち着いた空間のおもむきのある家 納材事例 О様邸

→サムネイル表示へ戻る
×ウィンドウを閉じる
吉野桧 柱 和室
桧の柱やフローリングで、LDKから区切られた和の空間。洋のLDKと畳敷きの和室が違和感なく調和している。

吉野桧 鴨居 敷居
フローリングや柱だけでなく、巾木や見切り、廻縁などの造作材にも同じく桧を用いることで、上質さを感じさせる雰囲気に。

吉野桧 フローリング 上小節
床に使用されている桧の等級は「上小節~小節」。木の節の表情を残しながらも、すっきりとした仕上がりに。

←Prev Next→

一覧へ戻る